スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

Project7 やなせなな まけないタオルプロジェクト

東日本大震災
    オーストラリア・メルボルン 
    直証庵・通大寺支援プロジェクト
    2011 6/6 ~ 6/11 
    宮城県各所 まけないタオルプロジェクト


 今回のプロジェクトは三部義道師、歌う尼さん「やなせ なな」さんとのコラボレーションです。
 三部師は彼のアイディアで「首にもまけない、頭にもまけない、でも私は負けない」というコンセプトで「まけないタオル」を発案。その呼びかけに応じ、やなせななさんの親戚の工場で制作されました。
 やなせななさんは奈良県にある浄土真宗本願寺派の住職。そのかたわら、生と死をテーマに歌を作り、全国のお寺でコンサート活動をしております。宮城県でも通大寺をはじめ各地でライブを開催。今回の震災では以前ライブを開催したお寺や、宮城県内の避難所を中心にタオルを持って巡回しました。
 This time work in collaboration with Mr. Gido Sanbe and Ms. Nana Yanase. Mr.Sanbe is priest of Sotosyu. Ms.Yanase is female Buddhism priest who sings.
 Mr.sanbe conceived “MAKENAI-towel”. “MAKENAI” has two meanings in Japanese. One means impossibility to wrap and another means to never defeat. “MAKENAI-towel” ’s concept is “It is not able to wrap around the neck, it is not able to wrap around the head, bad I am never defeated”. This towel was made at Ms.Yanase’s relative’s factory.
 Ms.Yanase is female priest of Jodosinsyu-Honganji sect in Nara prefecture while she makes the song of which the theme is the life and the death. And she gives a concert in temple all over Japan. In Miyagi prefecture, she gives a concert at Tudaiji etc. This time, she came around to temple where she before gave a concert and refugee in Miyagi prefecture, with “MAKENAI-towel”.

プロジェクト7
 「まけないタオル」の発案者 三部義道師
 Mr. Gido Sanbe. He conceived “MAKENAI-towel”.

プロジェクト7 (2)
 歌う尼さん やなせななさん
 Ms.Nana Yanase is female Buddhism priest who sings.

プロジェクト7 (3)
 石巻市法山寺幼稚園。この幼稚園には震災直後から300名ほどの避難者がいました。
 Hozanji kindergarten in Isinomaki city. 300 victims were here immediately after 3/11.

プロジェクト7 (4)
 石巻市洞源院にて。このお寺には震災直後400名の方が避難。現在でも80名の方が暮らしております。
 At Togenin in Isinomaki city. 400 victims were here immediately after 3/11. Now, 80 victims live here.

プロジェクト7 (5)
 被災地に沈む夕日。
 Evening sun that sinks in stricken area.

プロジェクト7 (6)
 洞源院に暮らす被災者の方々と「まけない」コール!
 Ms,Yanase and victims in togenin cry “MAKENAI!”

プロジェクト7 (7)
 栗原市花山福祉会館で歌う。この方々は南三陸町より避難されております。
 Ms.Yanase sings at Hanayama welfare hall in Kurihara city. This people refuge from Minamisanriku town.

プロジェクト7 (8)
 栗原市一迫老人福祉センター。
 Itihasama welfare center for the aged in Kurihara city.

プロジェクト7 (9)
 「ふるさと」の歌に思わず涙が流れ落ちました。
 Ms.Yanase sings “Hurusato” and, she instinctively threw tears.
 “Hurusato” means hometown in Japanese.

プロジェクト7 (10)
 でも私たちはまけない!
 However, we are not defeated!

プロジェクト7 (11)
 国立花山少年自然の家にて
 At Hanayama National Children’s Center.

プロジェクト7 (12)
 栗駒伝創館にて「ふるさと」を歌う。
 Ms.Yanase sings “Hurusato” in Kurikoma-Densokan.

プロジェクト7 (13)
 そして、まけないタオル!
 And “MAKENAI - towel”!

プロジェクト7 (14)
 金成延年閣には100名程の避難者が暮らしております。
 100 victims live in Kannari-Ennenkaku.

プロジェクト7 (15)
 まけないタオル!
 “MAKENAI - towel”!

プロジェクト7 (16)
 山元町支援学校の生徒の皆さん。山元町も津波の被害で500名程の方が亡くなりました。
 Yamamoto school for special needs education’s students. About 500 people died of the TUNAMI in Yamamoto town.

プロジェクト7 (17)
 山元町災害FMに出演。
 Ms.Yanase performed to Yamamoto town’s disaster FM radio.

プロジェクト7 (18)
 山本町社会福祉協議会の皆さん。震災から今日までボランティアをコーディネートされました。
 Yamamoto town’s social welfare council’s staffs. They have coordinated the volunteer up to now.

プロジェクト7 (19)
 仙台市若林区六郷中学校避難所で歌いました。
 Ms.Yanase sang at Rokugo junior high school refuge in Sendai city.

プロジェクト7 (20)
 3ヶ月がたっても避難所生活をしています
 They live in the refuge though three months pass.

スポンサーサイト

2011.06.30 | | コメント(0) | トラックバック(0) | まけないタオル

Project6 南三陸町志津川細浦地区 “Cafe de Monk”

東日本大震災
    オーストラリア・メルボルン 
    直証庵・通大寺支援プロジェクト
    2011 6/2 
    南三陸町志津川細浦地区“cafe de monk”


 6月2日、南三陸町志津川細浦地区でカフェを開きました。80戸あまりのうち半分の40戸が津波の被害にあいました。被災した方々は残った家に避難しております。
 6/2, we opened “Cafe de Monk” at Sizugawa-Hosoura aria in Minamisanrikutyo.
 Half 40 households of 80 households encounter damage from “TUNAMI”. The victim takes refuge from house with little damage.

プロジェクト6
 今回は私たち傾聴カフェの取り組みに、宗教関係者、医療関係者、民間のグリーフサポートの方が同行しました。
 This time, Religious parties concerned, Medical personnel and private greif spport team go with us.

プロジェクト6 (2)
 お天気が下り坂でしたので支援物資保管倉庫(大工さんの作事場)をお借りしてカフェを開店。
 Café was opened at Support goods depository (Carpenter's workshop) as it was bad weather.

プロジェクト6 (3)
 カフェの前に出されたメッセージ。
 「MONKは英語でお坊さんのこと。平穏な日常に戻るには長い時間がかかると思います。あれこれ“文句”の一つも言いながら、ちょっと一息つきませんか?お坊さんもあなたの文句を聴きながら一緒に“悶苦”します。」
 Message from café
 “Monk is Buddhist priest. I think that it takes long time to return to Peaceful daily life. Please take a rest over coffee and please say the grumble. Monk is grumble with you.”

プロジェクト6 (4)
 この方は津波で船を失いました。現在仕事はありません。
 This person loss his ship due to “TUNAMI”. He doesn't have work now.

プロジェクト6 (5)
 今回は日本の伝統である「茶道」の道具を持っていきました。
 This time, we took “Sa-Do” set from Japanese traditions.

プロジェクト6 (6)
 この母親はフィリピンから漁師に嫁ぎました。この子の名前はみらい君です。
 ケーキ屋さんのマスターからこのケーキに名前を付けてほしいと依頼されました。
 This child’s name is “MIRAI”. The mother married the fisherman. She comes from The Philippines.
 We were requested to name this cake from cake shop’s master.

プロジェクト6 (7)
 被災地と被災者の未来に思いを寄せて「MIRAIー未来―」と名付けられました。 
 We named this cake “MIRAI-未来-” as we pray that all victim and stricken area are given bright future.
 “MIRAI-未来-” means the bright future in Japanese.

2011.06.24 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 南三陸町志津川細浦

Project5 気仙沼市本吉町小泉地区

東日本大震災
    オーストラリア・メルボルン 
    直証庵・通大寺支援プロジェクト
    2011 5/22 
    気仙沼市本吉町小泉地区 焼肉・焼きソバ炊き出し支援


 暫くアップができなかったことお詫びいたします。
 今回のプロジェクトは5月22日、気仙沼市本吉小泉中学校へ避難している方々へ焼き肉の炊き出しをしました。このプロジェクトは群馬県のライブハウス「みんなのうた」の方々の募金と合わせて行いました。
I apologize for the thing that the blog was not able to be updated.
5/22, in this project, we offered BBQ party to victims of Koizumi junior high school refuge at Motoyosi aria in Kesennuma city. This project receive collection from live house “Minna no Uta” in Gunma prefecture.

小泉中学焼肉 (2)
 いつものように出発前の記念撮影。今回は焼き肉ということで大勢の方々のお手伝いを頂きました。
 Souvenir picture before it leaves as usual. Many people participated in this project because of BBQ party.

小泉中学焼肉 (3)
 栗原市で飼育された特上のお肉です。
 This choice meats is bred in Kurihara city.

小泉中学焼肉 (4)
 旗も設置されて雰囲気を出しました。
 Flag of BBQ is set up.

小泉中学焼肉 (5)
 6台のバーベキュー台です。
 Six BBQ apparatuses.

小泉中学焼肉 (6)
 焼き肉の他、特性焼きそばも用意しました。
 It prepares special a fried noodle, besides BBQ.

小泉中学焼肉 (7)
 「みなさん、焼き肉の用意ができました。この焼き肉はオーストラリア・メルボルンの方々の提供です。たくさん食べて元気になって下さい!」
 “Everybody, BBQs preparation is finished. This BBQ is offered by people of Melboume in Australia. Please become energetic eating a lot of meats. ”

小泉中学焼肉 (8)
 避難所の壁には全国からのメッセージが張り出されています
 The Message from people all over the world is put up in refuge.

小泉中学焼肉 (9)
 焼き肉の煙!
 Smoke of BBQ!

小泉中学焼肉 (10)
 うまそう・・・!
 Savory!

小泉中学焼肉 (11)
 焼き肉にはやはりビールでしょう!
 Beer suits BBQ!

小泉中学焼肉 (12)
 おじいちゃん おばあちゃん たくさん食べてくださいね
 Grandpa, grandma, please eat a lot.

小泉中学焼肉 (13)
 炊き出し終了!みなさん頑張ってください。世界中の方々が応援しています。
 BBQ is finished! Everybody, please work hard. People all over the world assist.

小泉中学焼肉
 小泉中学校避難所からみた風景。小泉地区は津波によりほぼ壊滅です。
 Scenery seen from Koizumi junior high school refuge. Koizumi aria is annihilation due to the TUNAMI.

2011.06.20 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 気仙沼市本吉町小泉

«  | ホーム |  »


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。