スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

Project4 歌津馬場・中山 “Cafe de Monk”

東日本大震災
    オーストラリア・メルボルン 
    直証庵・通大寺支援プロジェクト
    2011 5/19 
    南三陸町歌津馬場・中山センター “cafe de monk”

カフェ馬場中山
 5月19日。二回目のカフェ。主発前の記念写真
 5・19. The second time round of “café de monk”. Commemoration taking a picture before it leaves

カフェ馬場中山 (2)
 今回のカフェは南三陸町歌津馬場中山避難所です。最初のプロジェクト(うどん)の場所です。
 This time , Baba・Nakayama aria refuge in minamisanriku town. This refuge is venue of the first project UDON.

カフェ馬場中山 (3)
 美しい女性が美しい花をアレンジしています。
 The beautiful women is decorating beautiful flower.

カフェ馬場中山 (4)
 コーヒーの準備も完了!
 The preparation for coffee was completed!

カフェ馬場中山 (5)
 震災後初めてのケーキです。ケーキのテーマは「一時の夢」
 After the earthquake, they eat the cake. Cake’ theme is “Dream at moment”.

カフェ馬場中山 (6)
 「なにか心配事ありませんか?」優しく語りかける僧侶。
 “Isn't there anxiety? ” The monk talks gently.

カフェ馬場中山 (7)
 わずかの時間でカフェは満席状態です。
 Cafe is overcapacity momentarily.

カフェ馬場中山 (8)
カフェ馬場中山 (9)
 この日はNHKラジオの実況中継がありました。仙台放送は朝から追跡取材。翌日テレビで放送されました。
 There was a NHK radio on the spot broadcasting on this day. Sendai television cover “café de monk” from today morning. The thing was televised the next day.

カフェ馬場中山 (10)
 このカフェの主旨。
 “Café de monk” s’ Outline

カフェ馬場中山 (11)
 生活状態は日増しによくなっていきますが、風呂は露天風呂。女性は夜遅く入るそうです。復興はまだまだ遠い。
 The living is improved day by day. But victim take open-air bath. Women take open-air bath in midnight. Reconstruction is still far.


スポンサーサイト

2011.05.29 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 南三陸町歌津馬場・中山

Project3 南三陸町沼田避難所 “Cafe de Monk”

東日本大震災
    オーストラリア・メルボルン 
    直証庵・通大寺支援プロジェクト
    2011 5/15 
    南三陸町沼田避難所 “cafe de monk”


 震災から2ヵ月が過ぎました。インフラの復旧、食料や生活用品の援助は各避難所にゆきわたり、次には心のサポートが必要なって来ます。
 そこで移動喫茶「カフェ デ モンク」(Cafe de Monk)を開店し、傾聴活動(カウンセリング)を展開します。
 Monkは英語で僧侶、モンクは日本語で「文句」「悶苦」を意味しています。
 お坊さんの喫茶店で、コーヒーでも飲みながらホット一息つき、あれこれ文句を言ってください・・お坊さんも一緒に「悶苦」しますよ、という傾聴活動です。
Two months passed from the Great East Japan earthquake. The infrastructure was restored and there are enough foods and daily necessities in place of refuge. It follows that the support of victims mind is needed.
Then, we open a traveling coffee shop “Cafe de Monk”, listen to victims speaking at there.
Monk is Buddhist priest, and “Monk” means grumble and writhe in Japanese.
This listening activity is that, In Monks’ coffee shop, Please take a rest over coffee and please say the grumble・・・ Monk is grumble with you.

cofedemonk1
出発前の記念写真。白い作務衣の女性僧侶は奈良の生駒山真言律宗の方で、先日歌津の避難所でお会いしました
Souvenir picture before it leaves.
A female monk within white Samue-Suit is member of “Ikomazan-Singonritsusyu”.
The other day ,we meets her in Utastu refuge .

cofedemonk1 (2)
特製ケーキ。選んで頂けるように種類を豊富にしました。
Special cakes. Cakes are various kinds to choice.

cofedemonk1 (3)
協力して頂いたケーキ屋の皆さん。
All members of cake shop support in “Cafe De Monk”

cofedemonk1 (4)
「Cafe de Monk」の看板。手製です。
“Cafe de Monk”‘s sign board. This is handmaid.

cofedemonk1 (5)
準備完了。いよいよ開店です。
Preparation completion. Finally open!

cofedemonk1 (6)
開店を待ちかねていたおばあちゃん。震災からもう2ヶ月の間、ケーキは食べていないそうです。
The old woman was waiting for opening a store. She didn’t eat cake from the Great East Japan earthquake for two months.

cofedemonk1 (7)
オープンテラスのCafe。
Open terrace Café.

cofedemonk1 (8)
あれこれ苦労話しに花が咲きます。
The hardship-talk becomes active.

cofedemonk1 (9)
おいしい顔!
Taste good!

cofedemonk1 (10)
中学生もやって来ました。
Junior high school students also come to “Café de Monk”.

cofedemonk1 (11)
飲み物の種類も豊富ですよ
The kind of drink is also variegated.

cofedemonk1 (12)
避難所を支援するボランティアの皆さんもちょっと一息。
Members of Volunteer team to support in place of refuge takeing a rest.

cofedemonk1 (13)
親子で食べに来ました。「久しぶりにケーキを食べて本当に嬉しかった。また頑張れます」とのこと。
Parent and children come to “Café de Monk”.
“We eat cake after a long time. We are very happy! We stick with it again! ”

cofedemonk1 (14)
ちょっと遠くの避難所からもやってきました。
They come from a distant place of refuge.

cofedemonk1 (15)
ついでに、子供たちと一緒に紙飛行機作りで遊びました。
We played with children making paper plane.

cofedemonk1 (16)
プロジェクト完了!大成功でした。
Project completion! It is a great success!!


次回は5月19日、前回炊き出しをした馬場中山センターで開店します。
Next is 5/19. In Baba・Nakayama area refuge that visited before.

2011.05.18 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 南三陸町沼田

Episode1 

東日本大震災
    オーストラリア・メルボルン 
    直証庵・通大寺支援プロジェクト
    2011 5/11 


ショウセイ

ショウセイ (2)
 先日歌津馬場中山に炊き出し支援に行ったとき、悲しい話を聞きました。
 写真の男の子「しょうせい君」のお父さんは南三陸町の防災センターに勤めておりました。
 3月11日の震災当日、防災センターで町民の避難誘導をしている際、津波に巻き込まれ行方不明になりました。
 実は、お母さんはその時妊娠しており、体調不良のため気仙沼の病院に入院しており、そこで震災に会いました。もちろん通信が途絶え、夫や子供の消息は分からないままです。
 その後治療のため仙台の東北大学病院へ転院。
 お父さんはその後震災40日後に遺体で発見。
 彼女に夫の死を知らせたのは私たちが馬場中山に炊き出しに行ったその日でした。
 現在しょうせい君はおばあちゃんや馬場中山の方たちに面倒を見てもらっています。
 しょうせい君は人前では決して泣かない。むしろ、みんなの周りを無邪気に遊びまわり、避難所を明るくしています。しかし、夜になると一人壁に向かって泣いているそうです。
 サッカーボールとフリスビー、アンパンマンのおもちゃをプレゼントしました。
 今回の震災でこのような子供が沢山います。しかし、みんなの力で元気いっぱい生きようとしています。
 馬場中山の方々は口をそろえて言いいます。「しょうせいはこの集落の宝物だ」と・・・
 We went to Baba,Nakayama area the other day, we heard a sad story.
 A boy in this picture is Shosei. His father was working for disaster prevention measures center.
 March 11th,the earthquake happened, he was swallowed up by the tunami,when he evacuated the inhabitants.
 Since then , he was missing.At that time, his wife was pregnant. She had been in the hospital in Kesennuma because of poor physical condition.
 All of communication was cut off, she hasn’t had any news about her husband and son.
 After that, she moved to Tohoku-university hospital in Sendai to be treated.
 Unfortunately, her husband’s corpse was found 40 days later the tunami disaster happened.
 She was told about her husband’s death at the day we went to this area to supporting emergency food.
 Now, Shosei has been cared by his grandmother and the people in the community.
 He doesn’t cry in front of the people. More over he plays childlike in the community center. It makes people around him encouraged,cheerful and bright. But, He cries toward the wall alone at night.
 We presented Shosei with a soccer ball, frisbee, and toy of Japanese animation character.
 This earthquake disaster makes a lot of kids sad and hard state. But, they are willing to live as hard as they can.
 The people in Baba,Nakayama area said in choru、“Shosei is fortune in this community.”

ショウセイ (3)
 次の炊き出し視察のため気仙沼市本吉町小泉中学校へ行った時、偶然、曹洞宗宗務総長が訪問。
 直証庵と私たちの活動をお話ししました。海の向こうからの支援の輪に驚きと心から感謝する旨の言葉を頂きました。
 When we went to Koizumi junior high school to inspect next supporting emergency food,we met the head director of SOTOSHU and his staff. at there..
 We told them about “Jikishoan”and our activities.
 They surprised at the support from overseas, and said the word of THANKS from the bottom of their heart.

2011.05.14 | | コメント(0) | トラックバック(0) | Episode

Project2 気仙沼市本吉町風越地区

東日本大震災
    オーストラリア・メルボルン 
    直証庵・通大寺支援プロジェクト
    2011 5/8 
    気仙沼市本吉町風越地区簡易トイレ設置


1a.jpg
 気仙沼市本吉町風越地区から簡易トイレ設置の要請がありました。この地区は20軒ほどの集落で、津波により孤立しております。栗原市一迫「宮城化成」様の協力で、簡易トイレを安価で提供いただきました。
 People of Kazekoshi area in Motoyoshi town, Kesennuma city made a request for setting portable toilets. This area consists of about 20 local communities, and people in this area have been isolated and cannot get enough support from society at present.
Thanks to Miyagi Kasei located at Ichihasama, Kurihara city, temporary toilets have been offered at cheap prices.

2a.jpg
 設置された簡易トイレ
 Temporary toilets

3a.jpg
 津波によって汚された海岸の清掃作業
 Cleaning work at coasts severely damaged by tsunami.

4a.jpg
 この海岸はサーファーに適した波が押し寄せます。
 サーファーで賑わう日が来ることを願っています。
 This coast is best suited to play in the surf.
 We hope this coast will be full of life and also is crowded with a lot of surfers as before.

2011.05.08 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 気仙沼市本吉町風越

Project1 南三陸町歌津馬場・中山炊き出し

東日本大震災
    オーストラリア・メルボルン 
    直証庵・通大寺支援プロジェクト
    2011 4/30 
    南三陸町歌津馬場・中山センター炊き出し

1.jpg
 朝8時現地へ向け通大寺を出発! 総勢8名の支援チーム
 A supporting group of eight members started TUDAIJI to a stricken area at 8:00am.

2.jpg
 南三陸町馬場・中山地区。100戸400名が住んでいました
 Minami(the south)-sanriku-cho,Baba and Nakayama area. There were 100 houses and 400 people lived.

3.jpg
 大津波によりほぼ壊滅状態。住民自治組織により自活生活を送っている
 This town was almost destroyed by the huge tunami.
 People still stay in a small community center and they support themselves each other.

4.jpg
 ちょうどこの海の30キロ先が震源地。バッキっというプレートの破壊音が聞こえたという。その後大津波がこの地区を襲った
 The center of the earthquake was located 30km ahead just from this seaside.
 People heard the crack of an interpolate. After that, a huge tunami came and hit this town.

5.jpg
 10時到着。炊き出しの準備を始める。この家の娘さんは震災後ストレスと疲労で死亡、46才。80才近いお母さんだけが残った。
 The supporting group arrived our destination at 10:00am. Began to ready for emergency food・・・
 This family’s daughter (46years old r) died from the stress and overwork after the earthquake and tunami disaster. In this family , her mother(80 years old)was left alone..

6.jpg
 炊き出し隊のステッカー。現在各国・各地の炊き出しチームが南三陸町へ支援に入っています。
 The sticker of the emergency food supporting members.
 Now, a lot of supporting groups from all of the world and all over japan are coming to minami-sanriku-cho.

7.jpg
 この地区はお年寄りが多いので、炊き出しは特製うどんです。
 A lot of elderly people live in this area. So,we decided to supply a specially made Japanese noodles(udon).

8.jpg
 うどんの準備が終わり、記念撮影
 Finished preparations……. then , took a picture.

9.jpg
 美味しそうな顔!しかし、津波で死亡した彼女の息子さんはまだ発見されていない・・
 “So delicious”She seems happy to eat udon. But, her son is still missing.

10.jpg
 90名程の方々にうどんを食べて頂きました
 We could supply udon to 90 people today. All of them expressed their gratitude for our support.

11.jpg
 金田諦典老師。この集会所には100名の方々が寝起きしています。
 Kaneda Taiten-Roshi.
 100 people live in this small community center.

12.jpg
 うどんのタレと具を提供して頂いた「そば祥」。彼の作るソバとうどんは多分世界一!
 Noodle shop “SOBASHO” they helped preparing noodles, soup and the other ingredients. Thanks……...
 Sobasho,Udon & Soba you made may be the most delicious in the world.

2011.05.06 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 南三陸町歌津馬場・中山

«  | ホーム |  »


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。