スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

Episode1 

東日本大震災
    オーストラリア・メルボルン 
    直証庵・通大寺支援プロジェクト
    2011 5/11 


ショウセイ

ショウセイ (2)
 先日歌津馬場中山に炊き出し支援に行ったとき、悲しい話を聞きました。
 写真の男の子「しょうせい君」のお父さんは南三陸町の防災センターに勤めておりました。
 3月11日の震災当日、防災センターで町民の避難誘導をしている際、津波に巻き込まれ行方不明になりました。
 実は、お母さんはその時妊娠しており、体調不良のため気仙沼の病院に入院しており、そこで震災に会いました。もちろん通信が途絶え、夫や子供の消息は分からないままです。
 その後治療のため仙台の東北大学病院へ転院。
 お父さんはその後震災40日後に遺体で発見。
 彼女に夫の死を知らせたのは私たちが馬場中山に炊き出しに行ったその日でした。
 現在しょうせい君はおばあちゃんや馬場中山の方たちに面倒を見てもらっています。
 しょうせい君は人前では決して泣かない。むしろ、みんなの周りを無邪気に遊びまわり、避難所を明るくしています。しかし、夜になると一人壁に向かって泣いているそうです。
 サッカーボールとフリスビー、アンパンマンのおもちゃをプレゼントしました。
 今回の震災でこのような子供が沢山います。しかし、みんなの力で元気いっぱい生きようとしています。
 馬場中山の方々は口をそろえて言いいます。「しょうせいはこの集落の宝物だ」と・・・
 We went to Baba,Nakayama area the other day, we heard a sad story.
 A boy in this picture is Shosei. His father was working for disaster prevention measures center.
 March 11th,the earthquake happened, he was swallowed up by the tunami,when he evacuated the inhabitants.
 Since then , he was missing.At that time, his wife was pregnant. She had been in the hospital in Kesennuma because of poor physical condition.
 All of communication was cut off, she hasn’t had any news about her husband and son.
 After that, she moved to Tohoku-university hospital in Sendai to be treated.
 Unfortunately, her husband’s corpse was found 40 days later the tunami disaster happened.
 She was told about her husband’s death at the day we went to this area to supporting emergency food.
 Now, Shosei has been cared by his grandmother and the people in the community.
 He doesn’t cry in front of the people. More over he plays childlike in the community center. It makes people around him encouraged,cheerful and bright. But, He cries toward the wall alone at night.
 We presented Shosei with a soccer ball, frisbee, and toy of Japanese animation character.
 This earthquake disaster makes a lot of kids sad and hard state. But, they are willing to live as hard as they can.
 The people in Baba,Nakayama area said in choru、“Shosei is fortune in this community.”

ショウセイ (3)
 次の炊き出し視察のため気仙沼市本吉町小泉中学校へ行った時、偶然、曹洞宗宗務総長が訪問。
 直証庵と私たちの活動をお話ししました。海の向こうからの支援の輪に驚きと心から感謝する旨の言葉を頂きました。
 When we went to Koizumi junior high school to inspect next supporting emergency food,we met the head director of SOTOSHU and his staff. at there..
 We told them about “Jikishoan”and our activities.
 They surprised at the support from overseas, and said the word of THANKS from the bottom of their heart.

スポンサーサイト

2011.05.14 | | コメント(0) | トラックバック(0) | Episode

«  | ホーム |  »


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。