スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

Project4 歌津馬場・中山 “Cafe de Monk”

東日本大震災
    オーストラリア・メルボルン 
    直証庵・通大寺支援プロジェクト
    2011 5/19 
    南三陸町歌津馬場・中山センター “cafe de monk”

カフェ馬場中山
 5月19日。二回目のカフェ。主発前の記念写真
 5・19. The second time round of “café de monk”. Commemoration taking a picture before it leaves

カフェ馬場中山 (2)
 今回のカフェは南三陸町歌津馬場中山避難所です。最初のプロジェクト(うどん)の場所です。
 This time , Baba・Nakayama aria refuge in minamisanriku town. This refuge is venue of the first project UDON.

カフェ馬場中山 (3)
 美しい女性が美しい花をアレンジしています。
 The beautiful women is decorating beautiful flower.

カフェ馬場中山 (4)
 コーヒーの準備も完了!
 The preparation for coffee was completed!

カフェ馬場中山 (5)
 震災後初めてのケーキです。ケーキのテーマは「一時の夢」
 After the earthquake, they eat the cake. Cake’ theme is “Dream at moment”.

カフェ馬場中山 (6)
 「なにか心配事ありませんか?」優しく語りかける僧侶。
 “Isn't there anxiety? ” The monk talks gently.

カフェ馬場中山 (7)
 わずかの時間でカフェは満席状態です。
 Cafe is overcapacity momentarily.

カフェ馬場中山 (8)
カフェ馬場中山 (9)
 この日はNHKラジオの実況中継がありました。仙台放送は朝から追跡取材。翌日テレビで放送されました。
 There was a NHK radio on the spot broadcasting on this day. Sendai television cover “café de monk” from today morning. The thing was televised the next day.

カフェ馬場中山 (10)
 このカフェの主旨。
 “Café de monk” s’ Outline

カフェ馬場中山 (11)
 生活状態は日増しによくなっていきますが、風呂は露天風呂。女性は夜遅く入るそうです。復興はまだまだ遠い。
 The living is improved day by day. But victim take open-air bath. Women take open-air bath in midnight. Reconstruction is still far.


スポンサーサイト

2011.05.29 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 南三陸町歌津馬場・中山

Project1 南三陸町歌津馬場・中山炊き出し

東日本大震災
    オーストラリア・メルボルン 
    直証庵・通大寺支援プロジェクト
    2011 4/30 
    南三陸町歌津馬場・中山センター炊き出し

1.jpg
 朝8時現地へ向け通大寺を出発! 総勢8名の支援チーム
 A supporting group of eight members started TUDAIJI to a stricken area at 8:00am.

2.jpg
 南三陸町馬場・中山地区。100戸400名が住んでいました
 Minami(the south)-sanriku-cho,Baba and Nakayama area. There were 100 houses and 400 people lived.

3.jpg
 大津波によりほぼ壊滅状態。住民自治組織により自活生活を送っている
 This town was almost destroyed by the huge tunami.
 People still stay in a small community center and they support themselves each other.

4.jpg
 ちょうどこの海の30キロ先が震源地。バッキっというプレートの破壊音が聞こえたという。その後大津波がこの地区を襲った
 The center of the earthquake was located 30km ahead just from this seaside.
 People heard the crack of an interpolate. After that, a huge tunami came and hit this town.

5.jpg
 10時到着。炊き出しの準備を始める。この家の娘さんは震災後ストレスと疲労で死亡、46才。80才近いお母さんだけが残った。
 The supporting group arrived our destination at 10:00am. Began to ready for emergency food・・・
 This family’s daughter (46years old r) died from the stress and overwork after the earthquake and tunami disaster. In this family , her mother(80 years old)was left alone..

6.jpg
 炊き出し隊のステッカー。現在各国・各地の炊き出しチームが南三陸町へ支援に入っています。
 The sticker of the emergency food supporting members.
 Now, a lot of supporting groups from all of the world and all over japan are coming to minami-sanriku-cho.

7.jpg
 この地区はお年寄りが多いので、炊き出しは特製うどんです。
 A lot of elderly people live in this area. So,we decided to supply a specially made Japanese noodles(udon).

8.jpg
 うどんの準備が終わり、記念撮影
 Finished preparations……. then , took a picture.

9.jpg
 美味しそうな顔!しかし、津波で死亡した彼女の息子さんはまだ発見されていない・・
 “So delicious”She seems happy to eat udon. But, her son is still missing.

10.jpg
 90名程の方々にうどんを食べて頂きました
 We could supply udon to 90 people today. All of them expressed their gratitude for our support.

11.jpg
 金田諦典老師。この集会所には100名の方々が寝起きしています。
 Kaneda Taiten-Roshi.
 100 people live in this small community center.

12.jpg
 うどんのタレと具を提供して頂いた「そば祥」。彼の作るソバとうどんは多分世界一!
 Noodle shop “SOBASHO” they helped preparing noodles, soup and the other ingredients. Thanks……...
 Sobasho,Udon & Soba you made may be the most delicious in the world.

2011.05.06 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 南三陸町歌津馬場・中山

«  | ホーム |  »


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。